読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛いの辛いのとんでけー!

生活している中でおきる「様々な痛み、辛い事」をテーマにして書いているブログです。

不可解な肩こり、頭痛、腰痛、不眠。理由が見当たらない時は「うつ病」を疑おう

f:id:ktsns:20160531064223j:plain

激しい肩こり、肩こりからくる頭痛、漫性的な虚脱感、胃の痛み、吐き気、不眠。これらの症状は何も「うつ」に限ったことではありません。慢性疲労症候群という症状もあれは、内臓の病がこれらの症状を出しているということも考えられます。

続きを読む

そのめまい、命に関わる危険な「非回転性のめまい」かも?

f:id:ktsns:20160527034732j:plain

めまいの原因の代表ともいえるメニエール病では、酷い時にベッドに寝ていても自分の身体がどの位置にあるのかわからないぐらいぐるぐる回っている様に感じます。

 比較的軽いめまいでも、一晩ぐるぐると目が回って動けず少し様子を見て翌日受診されることが殆どです。発作が起こったときには、「この状態はいつまで続くんだろう」「何かひどい病気じゃないのかしら」などと、不安になってしまう人が多いものです。

続きを読む

頚椎後縦靭帯骨化症【放置しておくと怖い病気達】

頚椎後縦靭帯骨化症

特に脊柱管の前方にある、脊柱の連続性を補助する靭帯である「後縦靭帯」に骨のような組織が増殖してくる不思議な病気で、アジア、特に日本で多く見られる病気です。なぜ、このような病気が起きるのかはハッキリと解明されていないのが現状で、先の変形性頚椎症と合併することもあります。

続きを読む

変形性頚椎症あるいは頚部脊柱症【放置しておくと怖い病気達】

変形性頚椎症

頚椎の椎間板が老化によって磨り減ってしまい、クッションとしての役割を果たさなくなると、骨同士が直接ぶつかり合います。この結果、 骨にトゲ (骨棘) が出てきます。また、背骨の周りや内 (脊柱管) のテープである靱帯も厚くなってきます。

続きを読む

頚椎椎間板ヘルニアとは?その治療方法・症状・検査方法【放置しておくと怖い病気達】

頚椎椎間板ヘルニア

脊椎(せきつい)のメインのクッション、椎間板(ついかんばん)が弱くなってゆく過程で、ゼラチン状の組織、髄核(ずいかく)を覆っている厚い袋(線維輪)の一部が膨れたり、その袋が破れて中身のゼラチンが飛び出してしまったりすることを、医学用語で「椎間板ヘルニア」と呼びます。

続きを読む

スマホを使いすぎて肩こりに悩んでいませんか?肩や首のしつこい”こり・痛み”はストレートネックが原因だった?

ストレートネック

顔や首など、上半身のポイントになる関節はどこでしょうか。それは、ちょうど「頭と首の境目」に相当する場所。すなわち、「後頭骨頸椎の間」 の関節です。

この関節の状態の良し悪しが、首こりや肩こりをはじめ、頭痛やめまい、耳鳴りといった上半身の健康にも大きく関係しているのです。

続きを読む

アロマテラピーとは何か?ハーブの力で様々な辛さを緩和出来るエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピー

鉢で育てたり、ハーブティーを味わうこと以外にもハーブを毎日の生活に取り入れられる方法があります。それはアロマテラピーです。 

続きを読む