読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛いの辛いのとんでけー!

生活している中でおきる「様々な痛み、辛い事」をテーマにして書いているブログです。

コレステロールには善玉と悪玉の他に、病気の原因となるもっとも悪い「超悪玉コレステロール」が存在するのを知っていましたか?

善玉・悪玉コレステロール

コレステロールは体にとってなくてはならない大切な脂質

コレステロールは血液中に含まれる脂質のひとつです。脂質とは体の中にある脂のことで、炭水化物、たんぱく質と並び、三大栄養素の一つと言われています。

人間の体は、約8兆個の細胞から成り立っていますが、コレステロールはこの細胞の膜や神経細胞の材料として利用されています。コレステロールが不足すると、細胞膜は薄くなってダメージを受けやすくなり、神経細胞も成長できません。

 またコレステロールは、体の機能調整に深く関わるホルモンや、食物の消化吸収に必要な胆汁の主成分・胆汁酸の材料としても利用されています。ホルモンがきちんと作られなければ、血圧、体温調整などの体の機能が低下して、病気になることがあります。

胆汁がたりなければ消化吸収がうまくいかず、胃腸に負担がかかります。コレステロールと言うと、なんとなく体に悪いものと思ってしまいますがコレステロールは体にとって、なくてはならない大切な役目を果たしているのです。

 

コレステロールには善玉と悪玉が…でも真犯人は他にいる

コレステロールは肝臟で合成され、血液に乗0て各臟器に運ばれます。使われなか0たコレステロルは再び肝臟に戻り、新しいコレステロルをつくる材料になります。
肝臟から血液中に運ばれるコレステロールをLDLコレステロル、血液中から肝臟に運ばれるコレステロルをHDLコレステロルといいます。

従来、HDLコレステロールを善玉、LDLコレステロールを悪玉と呼び、LDLは動脈峺化などをもたらす悪の元凶のように扱われてきました。しかし最近、本当の真犯人は活性酸素により酸化した「酸化LDLコレステロール」だということがわかってきました。

コレステロールが酸化されると、体はそれを異物と認識、排除しようと免疫細胞が集まります。しかし酸化コレステロールをとり込んだ免疫細胞は、それを分解することができす血管の壁に付着します。その結果、血管壁が膨らんで、勲脈硬化などが促進されることになるのです。


本当の悪いやつはこいつ!人呼んで超悪玉コレステロール?!

最近になって、より小さいコレステロールが存在することがわかりました。これか小型LDLコレステロールと呼ばれるものです。この小型LDLコレステロールは、本来のLDLコレステロールより酸化LDLコレステロールになりやすいことから、超悪玉コレステロールと呼ばれています。

小型LDLAコレステロールの詳しいメカニズムについては、現時点では明らかになっていません。しかし、小型LDLコレステロールの多い人は、心筋梗塞の発症するリスクが通常の3倍という報告もあり超悪玉であることは確かの様です。

また中性脂肪の量とコレステロールの大きさとを比較した調査では、中性脂肪の量が多い人ほど、LDLコレステロールの粒子の直径が小さくなっていました。つまり中性脂肪の量が増えると悪玉コレステロールが小型化し、超悪玉コレステロールを生み出します。

超悪玉コレステロールを減らすには、中性脂肪の量を減らすことが大切です。