読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛いの辛いのとんでけー!

生活している中でおきる「様々な痛み、辛い事」をテーマにして書いているブログです。

肩こり・首痛・腰痛って「病気」?その治し方、解消方は間違っているかも!?

>f:id:msnki:20160328014409j:plain

実は、腰痛や肩こりが、背骨を含めた体の構造要素のどこで起きているのか、ということは、現在の医学をもってしても正確にはわからない部分があります。

中の神経からくる場合もあるだろうし、骨から起こることもあるだろうし、ジョイントである軟骨や関節からくることもあるし、それをさらに支えているセロハンテープのような靭帯(じんたい)からくることもある。さらにその周りを支えている筋肉からくることもあります。

 明らかに骨や神経に原因があると思われる人は全体の15%くらいじゃないかと思います。つまり、原因がはっきりしてしるものもしていないものも含めて残りの85%の肩こり・首痛・腰痛というのはわざわざ治療しなくても勝手に治るものなのです。

また、慢性的に持って引きずってしまう人や、しまう人や、骨や神経に深刻なダメージを持っている人の中でも、本格的な治療が必要となる人は15%のうちの半分くらいではないかと思います。肩こり・首痛・腰痛に悩む人の9割以上が自然に治るということなのです。


それなのに、巷では、数々の 「治療」が行われていますよね。実際 病院やクリニックに週253回通って、牽引や低周波などを続けている人をいたるところで見かけます。
いったい、これはどういうことなのでしようか?

そもそも今あなたか行っている治療は、本当に必要なものなのでしょうか?日本に広く蔓延している 「肩こり・首痛・腰痛」 に対する常識か実はまったくの勘違いであるかもしれません。次の項で一つずつ検証していきたいと思います。

 

肩こり・首痛・腰痛の常識と非常識

自己流ストレッチで本当に凝りかほぐれているのか疑問

本来的には、大半の肩こり・首痛・腰痛は実は自分で治せるものです。その意味では 「自分でストレッチして治す」というのはとてもいいことだと思います。ただ、 やり方に問題がある場合も見受けられますので、自己流はあまりお勧めできません。

首の周りの筋肉や腹筋・背筋を鍛えるために、首の曲げ伸ばし、腰の曲げ伸ばしを何十回もやっていやる方がいますよね。「多少痛くたってストレッチだからしようがない」と。

でもこの曲げ伸ばしというのは頚椎、腰椎の重要なジョイント、つまり間接である椎間板や椎間間接を運動させていることになるのです。しかし、肩こりや首痛、腰痛の大部分はこの関節がガタガタになってしまったことに原因があるわけですから、これを無理に動かしていいことはありません。


ストレッチって、イメージしてもらえばわかりますが、血管のたくさん通った赤身の筋肉をゆっくりと伸ばして血流をよくし、柔らかくすることなのです。そのために、筋肉の量(大きさ)を増やすのも悪くありませんか、やはりあまりにもギッコンバッコンと繰り返すのは関節に負担をかけます。

つまり首や腰の筋肉のストレッチとは、何度も曲げたり伸はしたりするものではなくて、曲けたらその状態を55秒くらいキープして、筋肉を十分に伸ばしてゆっくり戻すというやり方のほうがいいです。

日本舞踊や太極拳のように、ゆっくりした動きが一番よいのです。その意味で、肩こり・首痛・腰痛を改善するためにストレッチするなら、自分で毎日の目標を决めるにあたっても、10回、20回という回数ではなくて、時間で区切るのもひとつの手です。