読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛いの辛いのとんでけー!

生活している中でおきる「様々な痛み、辛い事」をテーマにして書いているブログです。

手遅れになる前に!この肩こり・首痛・腰痛の症状が出たら自己流の治療ではなく病院へいこう!

f:id:msnki:20160408232402j:plain

痺れる、痛い…医者にかかる症状の境界線はどこ?

肩こり・首痛・腰痛の”15%”は専門家に診てもらうべき「病気」。肩こりや首痛、腰痛の”85%”は基本的に自分のカで治療が可能です。そして、なんと言っても一番の薬は「時間」です。とはいうものの、残りの”15%”に入っている可能性もありますから、素人か勝手に判断して自己流の治療法を貫いてばかりいるのも考えものです。

  本当の原因はもっと深刻なところにあったのに、マッサージなどで表面上の痛みをとることばかりに気をとられてしまい手遅れになってしまった、なんてことも起こりかねません。重要なのは同じ治療を漫然と続けないこと。時々その治療をやめてみて、もともとの痛みか徐々にでも改善しているかを再確認する必要があります。

もしも改善が見られないと思うようならそのときはすぐに専門家に相談するようにしましょう。ここから、医者にかかるべき症状の分岐点を説明していきます。

痛みやしびれの場所によっては、背骨の病気を疑ってみる

肩や首か痛いのは、大半は誰にでも起きる背骨のガタガタのせいなのですが、中の神経までやられてしまうと不味いです。腰の場合も同じで、足や膀胱へと続く神経に問題が生じると、困ったことになります。そうしたケースでは専門家の受診が必要です。
/>痛みやしびれは他人には知ることができないので、自分で慎重に判断する必要があります。そのためにも、どの部分に痛みが出たら病院へ行くべきかをよく知っておくことが大切です。

大丈夫そうな症状

・いつも痛みやしびれかあるわけではない。
・朝は痛みや凝りかあるか しばらくすると和らぐ。
・何回も繰り返しているような肩こり・首痛・腰痛だ。

 

専門医の受診を考えたほうがいい症状

・いつまでたっても首が痛い!症状が時間と共に悪くなってくる。
・肩の後ろの肩甲骨の内側に痛みや凝りがある。
・肩の周りから腕の方へしびれや痛みが走る。
・指先がしびれる。腕が上がりににくく、指先の細かい動きが鈍くなる。

腰痛の危険な症状

・いつまでたっても腰が痛い、症状が時間とともに悪くなる。
・骨盤、お尻のあたりが痛い。
・太ももの後ろあたりにしびれや痛みが走る。
・ふくらはぎにしびれや痛みか走る
・歩いていると、足がしびれたり、カが入らず歩きにくくなったりする。
・足先を上げられなかったりつま先立ちが出来なくなったりする。

この様な症状が出た時は自己診断をせず、病院へ行きましょう。無理は禁物です。